人の立場に立った仕事「臂 徹さん」

株式会社キャッセン大船渡取締役 大船渡駅周辺地区タウンマネージャー

臂 徹 さん

業種:街づくり会社職員

街づくり会社職員という仕事

街づくり会社職員のお仕事はどんな仕事ですか?

大きく分けて2つあります。

1つ目は、被災した商業者さんを中心とした商店街を不動産オーナーとして再建して商業者さんからテナント賃料を頂きながら町の維持存続をしていくことです。

2つ目は、各事業者さんから資金を頂いて土地を魅力的にして維持存続していくということです。つまり、イベントを実施して来客を促すことですね。

全体を通すと、不動産経営・プランニング・プレイヤーといったことを行っています。

今の仕事をしようと思ったきっかけを教えて下さい。

元々建設コンサルタントという仕事をしていて、その仕事の傍ら、街興しの団体で住民のみなさんと一緒に街づくりをしていました。

建設コンサルタントの仕事は行政から仕事を受けて計画をするのですが、本当に地域に役立つ計画なのか実感を得られる機会が少なく、住民・計画による効果を享受する受益者の方に近い立場で仕事をしたいと思ったのがきっかけです。

仕事をする上で大切にしていることを教えてください。

取り組んでいることが自分にとってやりがいのある仕事であるかを考えることを大切にしています。

もちろん、どう人の役に立つか、人を幸せにするかというのは大切ですが、満足度の高い仕事をするためには自分でやりがいを感じることが一番大切だと思います。

又、仕事をする上で、一連で行う業務を大切にしていて、その業務があることによって、部分的な仕事をする際も全体のことを考えて仕事ができます。

仕事をする上で嬉しかったことを教えてください。

小さいことかもしれませんが、商業者さんとの電話対応が丁寧にできたりすると喜びを感じます。

商業施設がオープンしたとしても、そこで終わりではなくて、維持していかなければなりません。そうすると、時点時点で結果として満足できるものを生んでいくのは難しいですね。

街づくりにあたって、色々な地域を見に行きますか?

行きます。

大船渡の場合は、元々存在していた街が全て無くなったので、その場所に商業・コミュニティーの場を再建することになるので、古くから存在する商店街の特異性・地域性を結構気にして見ますね。

もちろん最近できた新しい商店街や商業施設がどんな工夫をしているかも大切ですが、あくまで、元々存在する商店街で、ご商売されていて再建されたい方のご要望が中心になるので、昔から活気のある商店街・最近活気が出てきた商店街を中心に視察しています。

これからやってみたい業務はありますか?

着ぐるみに入ってみたいです。(笑)
今までやったことがないので、やってみたいです。

着ぐるみを着て子供達をもてなす人もある意味仕事のパートナーです。

着ぐるみが動いているように見せる演技・着ぐるみの中の人の努力や苦労までも、ちゃんと把握したいという思いがあります。それぞれの人の立場に立つことは大切だと思うので、試してみたいですね。

子供の頃と比べて職に対しての心情や認識の変化はありましたか。

現在は、高収入を得るかということよりも、やりがいのある仕事に重きを置いています。

昔は、辛い仕事があっても生活を豊かにするために仕事をするという考えだったのですが、最近は家庭を大切にしつつも、仕事をしている時間自体の価値も上げたいと思っています。