人間関係を大切にそして柔軟に「古澤 康弘さん」

岩手県立大船渡病院

古澤 康弘 さん

業種:看護師

看護師の仕事とは

大船渡での暮らしはどうですか?

大船渡は昔から様々な面で不便に思うところもありましたが、最近では頻繁に出かけるわけでもないので、生活する上でそれほど苦ではないですね。何より地元という事で住めば落ち着きます。皆で助け合っていくという地域性も魅力的だと実感しています。

大船渡病院での仕事を始めてからどれくらいですか?

以前も1年ほど大船渡病院で勤務していたのですが、その後別の病院への異動などもあり戻ってきて1年が経とうとしています。現在は精神科病棟の看護師を担当していて、患者さんの身の回りのお世話は当然ですが、お薬がとても重要なのできちんと飲んで頂けたかの確認や、飲んだ後の症状の経過観察も重要視されている病棟に勤めています。

看護師になろうと思ったきっかけは何ですか?

中学生の頃は今後高齢化社会が進むという事もあり、福祉関係や介護職で人に関わる仕事に就くことを検討していました。しかし高校生の時に男性も看護師になれるという事を知り、また看護師である姉から福祉だけの知識より医療の知識も加えた方が幅広く接することが可能だというアドバイスをもらった事がきっかけで志すようになりました。

仕事で苦労したことはどんなことですか?

看護師は対患者さんだけでなく、スタッフとの関わり、チームとしてうまく協力して働いていく力も必要とされます。以前の病院の話にはなりますが、新人への指導を担当した時にその人のメンタルも考慮しながらどうコーチングするか、教え方次第でその人の成長も変わってくるという責任感もあって上司でありながら試行錯誤する印象的な苦労をしました。

仕事をする上でどんなことを大切にしていますか?

現在働いているのが精神科病棟ということもあり、言葉だけでなく雰囲気等でも患者さんにとって良い意味でも悪い意味でも影響を与えてしまう事があります。だからこそ言葉づかいや振る舞いという行動に対してはとても気を使っています。
厳しいことや心無いことを患者さんから言われ傷つく場合もありますが、それは本人の本当の思いではなく、病気がそうさせているのだと自分の精神面もコントロールしながら接しています。また先ほどお話ししたように、患者さんだけでなくスタッフとのコミュニケーションも大事にしています。

これからチャレンジしてみたいことはありますか?

今すぐというのではないですが、一般病棟の勉強・経験も積めたらといいな。ただジェネラリストよりはスペシャリストになっていきたいという思いがあり、必ず1つは強みを持ちたいですね。また、この大船渡病院の精神科病棟の形だからこそ出来ることを、制限はある中でも模索している最中です。

子供の頃になりたかった職業は?

小さい時は公務員になろうと考えていた時期もありました。ただそれは仕事の内容などは分からず漠然とですね。自分がやりたいという気持ちではなく公然的に周りに認められる、褒められる仕事に就きたいと考えていたのかもしれませんね。

子供の頃と大人になってからの仕事に対する考え方の変化を教えてもらえますか?

看護師という職業は新しい知識や技術をどんどん入れていかなければいけません。学生時代は勉強する、大人になったら仕事をする。大人になってから技術を学ぶことがあっても勉強するとは思ってもみませんでした。正直な話、また勉強しなくてはいけないのかなという気持ちになったこともあります。それに思っていたよりも忙しく、結婚しているから当たり前かもしれませんが、遊ぶ暇がないんだなと感じることも現実的にはあります。

看護師という職業の魅力を教えてもらえますか?

男性看護師という事もあって頼られ、職業柄必要とされることが多いことです。患者さんに名前や顔を覚えて頂けることも些細なことではありますが、人と接する事が好きな自分にとっては大きな喜びです。
そういった意味では、「看護師」という職業は人と接する事に興味がある、もしくは人との関わりに対して好奇心が旺盛な人には面白いと感じてもらえる仕事だと思います。