過小評価しない大人に「岡本 ゆうかさん」

スーパー MAIYA

岡本 ゆうか さん

業種:スーパーマーケット店員

スーパーマーケットの店員という仕事

スーパーの店員さんのお仕事はどんな仕事ですか?

わたしはチェッカーといって、レジ打ちを担当しています。
スーパーには生鮮担当などいろいろな仕事がありますが、チェッカーの仕事はお会計がメインです。そのほかに、サービスカウンターでラッピングや商品発送などもやっています。
大船渡店ではスーパー内にケーキ屋さんが入っているので、そこの品出しや発注もしています。商品の値段を表示するPOPや袋の発注もありますね。
チェッカーの仕事と直接関わりがなくても、お店全体がうまくまわるように裏方的な仕事も割とあります。

今の仕事を選んだきっかけはなんですか?

ビジネス系の総合専門学校に通っていたので、そういう仕事に就きたいなと思っていました。パソコンも出来るので。でも、就職するとなると、やっぱり難しいのかな、と思って。大手古本屋でバイトをしていたこともあり、小売ならできるかもしれないと思ってスーパー業界で探しました。あまり前向きな理由ではないですけど(笑)

仕事をする上でのこだわりはどんなところですか?

お客さまに喜んでいただけるということをちゃんと意識することです。
例えば、ケーキを箱に詰めるという単純な作業でも、購入されるケーキの個数によって使用する箱は決まっているんですが、ケーキってそれぞれ大きさが違いますよね?それをなるべく中で動かないように、すかすかにならないようにって考えて入れたり。潰しちゃうと作った人にも申し訳ないですし(笑)

壁にぶつかった、悩んだ経験はありますか?

今3年目なんですが、1年目の冬に精神的に不安定になりました。
冬の寒さとか、好きな自転車に乗れなかったストレスとかで…。ちょっと言われただけで落ち込んでしまったり、友達との付き合いも気を使いすぎちゃって。悩みましたが、結局どうにでもなれって深く考えないようにしたらいつのまにか解決していました(笑)

仕事をしていてうれしいと思う時はどんな時ですか?

いつも来てくださるお客さまはだいたい覚えているんです。その中で、毎回「領収書ください」と言われる方がいて。そのうち言われる前にお出しするようになったんです。するとある時「いつも出してくれてうれしいねー」といってくださいました。
その方が大晦日の日にも来られて、「よいお年を」って。
その日は朝3時から働いていてくたくたでしたが、その一言がすごくうれしかったのを覚えています。

わたしたちは人と話をする仕事ではあるんですが、事務的なので会話にはならないんです。まだ友達も少ないので、そうやって話しかけてもらえることはすごくうれしいです。

子どものころなりかった職業は何ですか?

幼稚園だと本屋さん、小学校に入ってからは海洋学者とか考古学者だったかな…。宇宙飛行士になりたいって言ったら男の子みたいだって言われました(笑)女の子がよく言うお嫁さんとかお花屋さん、ケーキ屋さんとか興味なかったですね。

何かをじっくりやる、ひとつのことをとことん追求するということが好きなんだと思います。今でもサービスカウンターで同じ作業をずっとやっているのが好きなんですけど…。
でも、こんな仕事いいなと思っても、出来ないかもと考えただけで挑戦するのを諦めてしまうんです。
だから、これなら大丈夫だと思えるものを探してしまいます。そこは反省点です。

今の仕事はあっていると思いますか?

あまり合っていないのかも(笑)。
人と話すのが得意じゃないんです。
それに、ひとつのことに集中したいタイプなので、そうなると顔が真剣になるじゃないですか。
チェッカーは笑っていないといけないので。できることとやっていて楽しいことって違うのかな、と思っています。

これから自分でこうなりたいと思う姿はありますか?

どうせやるならちゃんとやりたいです。向いてないとかじゃなくて。
より早く正確に。ミスを減らす。そんな基本的なことを大切にしたいです。

お休みの日はどう過ごしていますか?

友だちはほとんど盛岡なのでなかなか会えなくて、こっちでは一人暮らしの自由を満喫しています。家が坂の上にあって車がないので、けっこう家にいますよ。ゲームしたりしています。連打しすぎて次の日右肩が使い物にならなかったこともありました(笑)。

これから仕事を選ぶ人に、メッセージをお願いします。

やりたいことが必ずできるわけではないですが、好きなことはやれるうちに思い切りやって、挑戦したいことがあればしてみたらいいと思います。自分を過小評価せず、ちょっとくらい過大評価していいと思います。