気仙を駆ける新聞記者さん「佐々木 麻波さん」

東海新報社

佐々木 麻波 さん

業種:新聞編集者

記者という仕事

記者というお仕事はどんな仕事ですか?

行事等を取材をして記事にしています。
もともとメディア関係の仕事を志望していたものの、狭き門で諦めていたんです。しばらく市役所の臨時職員をしていましたが、契約期間が切れるタイミングで東海新報で女性記者を探しているという話を知人から聞いたんです。即日、履歴書を持って行きました。やった!と思いました。

学生時代は米沢で過ごしていました。大船渡へ戻って働こうと思ったのはなぜですか?

短大一年生の時に震災がありました。家族は無事なのか、家がどうなっているのか、まったく状況がわからなくて。結局、家は流されたんですが家族は無事でした。そんなことがあり、家族とは離れて暮らしたくないという思いで戻ってきました。地元も好きなので特に迷いはありませんでした。

佐々木さんが子どものころ、なりたかった職業は何ですか?

アナウンサーです。小学生のころから伝える側になりたかったんだと思います。きっかけは放送委員会の運動会の実況がすごく楽しかったことなんですが(笑)伝え方は違いますが、少しは夢がかなったことになります。

今の仕事へのこだわり、仕事に対する思いを教えてください。

「間違いなく、過不足なく、正しく伝えること」を大切にしています。すべての取材相手の方が理路整然とお話されるわけではないので、一言一句丁寧に拾い上げ、こちらから訳し直したり、こういうことですか?と確認するようにしています。これはとても大切な作業だと思っています。取材させてもらった方から、「記事を見ました、載せてくれてありがとうございました」「掲載写真をください」と言ってもらえることが一番うれしいですね。
子どものころから、母親から「大人になって働いたら相手に責任が生まれるんだから、肝に命じておけ」とよく言われていました。実際働いたらその通り。仕事に対する責任や義務は生じるし、自分の都合だけでは進まないストレスもありますが、それ以上に、子どものころに感じなかった自由ややりがいを感じています。

これからチャレンジしたいことはどんなことですか?

会社ではまだまだ新人。自分で企画を出すより、出された企画を担当することが多い立場です。これからもっと経験を積んで、将来、自分で立てた企画を自分の手で世に出し、見た人にすごいと思ってもらえるようなものを創りたいです。
また、「この人なら自分の言いたいことを理解して表現してくれる、またこの人に頼みたいな」と思われるような記者になりたいです。そのためには、ただ取材して帰るのではなく、取材相手といろんなお話をしたり、その場にいる人たちとコミュニケーションをしながら、取材される人とする人ではなく、もっと深い関係を築いていきたいと思っています。

佐々木さんが働く、ここ大船渡市での暮らしはどうですか?

学生時代を過ごした米沢と違って、大船渡は夏は比較的涼しく冬は暖かい、気候的に過ごしやすい場所で気に入っています。取材であちこち回っていると、絶景ポイントをいくつも見つけます。誰かに紹介したくなるような素晴らしい光景です。大船渡は大好きな場所です。

記者の仕事の一番魅力は何ですか?

<普通に生活していると、自分の興味のある分野にしかアンテナを張らないものです。でもこの仕事をしていると、そんなこと関係なく360度四方八方からいろんな情報が入ってきて、なんだこれは!おもしろそうだぞ!ってぶつかっていくんです。とても権威のある人や有名な人に会える、話を聞けるっていう棚ぼた的なこともあります。もっと話が聞きたいのに涙を飲んで帰るなんてこともあったりして(笑)とにかく世界が広がりますよ。