安全、安心、夢を提供する酸素製造「新沼さん×富澤さん」

岩手工業株式会社

新沼 雄基さん、富澤 悟 さん

業種:工業用ガス製造員・運搬員

高圧ガスは管理が大切

酸素製造の現場で働く富澤さん。岩手工業で製造された酸素は工事現場や工場で使われる他、医療の現場でも活躍している。
酸素を専用の容器に充填する工程では、通常の気圧の150倍もの圧力をかけて充填する。とても大きな力を加えるので、容器の整備を行っていないと、うまく容器へ充填できないことと、製品としてお客様の元へ安心して提供できないので、点検・整備は特にこだわって業務をやっていると富澤さんは話す。お客様の元へ運ばれ、何事もなく使われることが仕事をしていて一番うれしいことだと語る。

お客様の喜びの声を聞くことが励みになる

製品をお客様の元へ配送するのが新沼さんの担当。復旧作業を行っている工事現場に配送する他、病院などの医療現場、医療用酸素を必要とする個人宅へも配送する。新沼さんの届けてくれる酸素は、日常生活を健やかに過ごすために必要不可欠なもの。配送した際に「これがあるおかげで外出できる。ありがとう」などの言葉をかけていただくことがある。そのような言葉をかけてもらえると自分への励みになるし、行っている仕事に対しても誇りを持てると新沼さんは語る。

学生時代に考えていた「働く」と現在の「働く」

富澤さんが学生時代に想像していた、働くということは、正直疲れるものだと思っていた。入社一年目で覚えることがたくさんあり大変だが、楽しく仕事ができている。仕事をした後は心地よい疲れを感じることができる。想像していた疲れとは違っていたと話してくれた。
新沼さんは、学生時代から働くことにあこがれを感じていた。充実した毎日を想像していたが、実際に働いてみると想像以上に楽しく、充実して仕事ができている。人との出会いもあるし学ぶこともたくさんある。これからもたくさん学んで、充実した仕事をしていきたいと語る。

岩手工業×新沼雄基、富澤悟

岩手工業は、酸素をはじめ、様々な高圧ガスの製造や販売を行っている。中には取り扱いに危険を伴うものもあるが、創業以来会社として高圧ガスを扱っていて、一度も事故がない、まさに安全管理を徹底している企業。岩手工業の経営理念の中に、「安全、安心、夢を提供する」というものがある。これは、安全管理を徹底し、お客様に安心して使ってもらい、岩手工業の製品を使っていてよかったと、日々健やかに生活してほしいという願いがこもっている。

富澤さんは「安心と安全」の部分にこだわり仕事をしている。新沼さんは安全・安心の製品を配送する立場としてお客様へ「夢」を届けているという思いで仕事をしていると語っていた。このような思いを持ち仕事をしている従業員が岩手工業を支えるとともに、これからの復旧・復興を陰で支える原動力になるのだと感じた。

「気仙お仕事探検記より」