良い環境と誇りを持てる仕事に幸せを感じながら、成長していきたい「松田 龍成さん」

太平洋セメント(株)大船渡工場

松田 龍成 さん

業種:製造

会社の業務内容と担当業務について

私の所属は製造部製造課製造係という所なのですが、弊社には様々な部署がある中で直接セメントを製造するのに関わる係でして、その中でパトローラーと呼ばれる業務を担当しています。パトローラーとはセメントを作る流れに沿って設備が壊れてないか、例えば機械類などが壊れる前兆として異音がなり始めたりするんですよね。そういう「危険信号」が出されていないか常に気を付けていたり、またその対応や万が一トラブルが起きてしまった際は、すぐに駆けつけて対応したりする仕事になります。ただ対応するのにも限度があり、修理が大変なものはまた別に電気や設備担当のものがおりますので、とりあえずパトローラーに与えられた役目としては流れに沿って設備を見るという所ですね。入社し2年になりますが、ずっとこちらを担当しています。

休日について

私は土日必ず休めるというのとかではなく、三交代制の勤務でシフトによって休日が決まっています。感覚としては大体3日働いて1日休むみたいな感じでしょうか。最近の休みの過ごし方としては、冬場の今はまさにシーズンという事もあって友達と内陸方面へ出かけてスノーボードを楽しんだりしています。自分の周りの友達は結構地元に残っているのでいつも一緒にいますね。

この仕事をするきっかけとは

子どもの頃は周りに流されていたのもあって野球選手とかを夢見ることもありましたが、中学生の時には自動車整備士の方からお話を伺う機会もあって、それもいいなと思いつつ。ただ、ともかく自分にとってはまず優先していた事は絶対に地元に残るという事でして。そんな折に、たまたまこの工場で働いている方とお会いする機会があって、そこで「うちに来いよ」と誘われたのがきっかけですね。

この仕事をしていて喜びを感じたこと

皆さん誰しもそうだとは思うのですが、最初は本当に何もできなくて歯がゆさも感じていたところから、一つ一つ先輩方の教えや動きをメモしつつ、トラブル解消や機械の操作方法などを覚えていきまして。
現在は自分一人でトラブルを見つけて対処したり、仕事を頼まれたりと、出来ることが増えている自分へ成長の実感といいますか、喜びを感じますね。これからもますます頑張っていきたいです。

これからについて

現在はパトローラーの担当ですが、ゆくゆくはパトローラーに指示を出す役割であるオペレーターを担当してみたいですね。ただオペレーターというのは現場での経験を積んでどこに何があるのか把握していないと現場にも指示を出せない役割です。また資格取得の必要があるので、その為の勉強をこれからも引き続きやっていきたいと思っています。
プライベートとしてのお話としては…親がすごく仲が良くて、自分自身もあんな家族を作れたらいいなと憧れがあるので、そうやっていけたらいいなと思います。