普段の防火管理から町を守る「林 輝彦さん」

大船渡消防署

林 輝彦 さん

業種:消防士

消防士という仕事

消防士さんは具体的には何をしているんですか?

火災や救急などの災害時に出動し、市民の命や財産を守るのが消防の一番の仕事です。これは全職員共通の任務で、係や担当は関係なく全員で救助にあたります。それ以外の仕事は、火災予防といって、街に火事が起こらないように、企業の建物やお店などの立入検査をしたり、市内の消防設備の維持管理などがあります。また、地域の消防団の行事に参加したりもします。防災に関わることを幅広く行っています。
わたしは予防係りに属しています。立入検査や防災設備の点検、企業の消防訓練の指導や小学校や保育園での講話などが主な業務です。

消防士になったきっかけは何ですか?

地元で就職したいと思っていて、どんな仕事がいいか悩んでいた時に、親や親戚に消防士はどうかって言われたんです。はっきり言って考えてもいなかった。でも自分で調べていくうちに、直接地域の役に立てるし、いいかなと思ってきて。
大船渡を出るという発想もなかったんです。地元も好きだし、何より、父が早くに亡くなり、幼かったわたしと弟を育ててくれた母のために、これから自分がそばで支えなきゃという思いがありました。

1番大変だったお仕事は?

やっぱりあの震災の現場です。地震直後は電話も繋がっていて、わたしたちはすぐさま出動したんです。その後津波が来て…。助けてくれという声が、あっちでもこっちでも聞こえて。わたしたちの隊では対応しきれませんでした。正直、わたし自身もパニックになってしまって…。一番印象に残る現場になりました。

今の仕事へのこだわり、仕事に対する思いを教えてください。

災害予防って、なかなか真剣になれないんですよね。災害はめったに起こるものではないですし、ましてや一般企業にとっては本業の生産性とはまったく別のことなんです。「なんで今こんなことしなくちゃいけないんだ」って。理解してもらうのに時間を費やすこともありますが、そんなことにならないために、災害予防の大切さを知り意識を少しでも高く持ってもらえるように、丁寧な対応を心がけています。
以前、ある企業へ立入検査を行ったときのこと。「ここが不備なので改善してください」と説明したところ、何度かやりとりはありましたが、最後はやっと納得してもらえました。ああ、自分はちゃんと仕事ができたな、と思えてうれしかったこと、今でも覚えています。

働くということを、働く前はどんな風に想像していましたか?

わたしの場合、父のイメージがないので、働くっていうと子供を育てながら働く母の姿になるんです。その姿をずっと見てきて、生活のために働くのって大変だな、苦労するんだなと思っていました。
自分が働くようになってからも、もちろん辛くて大変なこともありますが、充実してるなと思えることもあります。目に見えないところに対して時間と労力を使うことが多いんですが、それでも、災害が少なかった時や、現場で人を助けられた時、助けた人にわざわざお礼を言われたこともあって、そんなときには、この仕事をしていてよかったな、と思います。

今の仕事は自分に合っていると思いますか?

消防士のイメージって、明るくてハキハキしていて元気がいい。そんな感じですよね。でも正直ボクはそんなハキハキしていないし、どちらかというと暗い方なんですよね(笑)そんなに前に出るような性格じゃないし、本当に大丈夫かなって思ったことはあります。でも、環境が変われば慣れるものなんですね。人前で話すことも気にならなくなってきました。自分に合っていた、というよりは、自分がこの仕事に合ってきたんだなって思っています。

これからどんな風に成長していきたいですか?

これから例えば担当が変わったり、環境の変化があったとしても、人の命を守るということは消防の精神です。それはどんなことがあっても変わりません。これから後輩も増えていくので、そこはちゃんと伝えられるようになりたいです。そして、自分から率先して努力をすること。知識や技術を磨きながら、それを同僚や後輩に広げていくことも大切なこと。それができる立派な先輩になりたいと思います。

消防士の仕事の一番の魅力は何ですか?

消防士って危険な現場へ行くので、危ない仕事のイメージがあります。でも、自分の命を落とさないための訓練は毎日しています。また、市町村単位で活動しているので、自分たちの地域は自分が守るんだと思えることもやりがいにつながります。実際、そう思って消防職員になる人も少なくありません。
スポーツや身体を動かすのが得意な人にはうってつけの職場かもしれないですね。訓練は大変ですけど(笑)