良い人がいっぱいいて、働く環境は優しさに包まれている「岡澤 奈緒さん」

大船渡湾冷凍水産加工業協同組合 事務員

岡澤 奈緒 さん

業種:冷凍・製氷・倉庫(事務)

会社の業務内容と担当業務について

水産加工業協同組合という名前の通り16社の組合員様がいらっしゃいまして、その組合員様に対して水産物の売り先紹介や代理販売や原料の仕入れ…販購買というのですが、そちらであったり冷蔵や冷凍しての保管事業、後は指導ですね。様々な制度の指導とかを行っております。
また事務所下の施設が冷蔵庫になっているのですが、そちらは組合員さんだけではなく組合員外の方の利用もあります。それ以外にも組合員さんから荷物を集めて輸出入をするとかもありますね。
ともあれ、販購買と保管事業が会社のメイン業務内容になっております。
そして私自身の担当業務は事務として総務や営業さんのお手伝いを主にやっております。

休日について

確定している休みとしては日曜日でして、土曜日は魚市場さんのスケジュールに合わせて勤務になることもあります。お休みの日は家で過ごすか、外出るときは友達と遊んだりして過ごしていますね。冬場ですと内陸方面へスノーボードに行ったりとかします。

この仕事をするきっかけとは

正直なところ、小さい頃から特に何かやりたいという事もなかったんです。大船渡高校に入ったきっかけも親から「通学は近いとこにしてほしい。もし高田や住田方面に行くのならば交通費を自分で出すくらいの覚悟でね。」と言われて、大船渡高校に行くしかないと決めたという感じです。
そして実際高校生になってみたものの、それから自分のやりたい事が見つけられたかというとそういうこともなくて。やりたい事がなく見つけることもできなさそうならば、わざわざ大学や短大に進学する必要もないのではないかと思い、地元で就職する道を選びました。
そしてこちらを受けた理由ですが、学校にきた求人案内を見てどこにしようか考えていた時に先生から一般事務をやってみたらとここを勧めて頂きまして。それで企業訪問した際に現在一緒に働いております事務員の金野さんにお会いし、対応など含めて凄く良い印象でしたので、こちらで働きたいと思い、応募しました。

この仕事をしているうえで大切にしている事

基本的なことにはなりますが、遅刻をしないとかミスをしないように心掛けています。大体の仕事というのは一人で全部やり切ってしまうものではなく分担で、例えば営業さんが注文を取ってきて、私達が書類を作って、現場で働く方がいて、という風にそれぞれの役割や業務で協働しながら進めていくと思うのですが、自分の部分だけでなくその流れ全体を理解し、ああしようこうしようと予測して作業出来るようになるとミスも減ってくるのかなと。それを心がけていますね。
また話下手な部分があるのでそこを直していきたいなと、コミュニケーションをもう少し円滑にとれるようになっていきたいなというのも大切にしていることの一つですね。

働く環境が優しい大船渡

ミスをしない事を心がけてはいるのですが、現実はそうもいかなくて頻繁に起こしてしまう時もあるんです。でも職場の皆さんが凄く優しく、いつもカバーしてくださるんです。もちろんそれに甘えてばかりではいけないとは思っていますけどもね。ただ大船渡の水産加工の小売店さんや業者さんの様子を見てみても、和気あいあいとしているのが伺えますし、あと女性でおっかさん的な頼りがいがある方がいっぱいいるなって思います。そのおっかさん達が凄く元気があって、それにつられて男性も優しかったりするところもあるような(笑)
なので大船渡の水産関連には良い人がいっぱいいて、働く環境は優しさがある。そこが魅力かもしれませんね。

これからについて

大船渡はサンマの水揚げ量が本州で一番ですが、ここ数年は不漁に悩まされていて今後を考えると水産業ならびにそれを冷蔵・冷凍する弊社の業務といった所は不安が多いのではと思われる方もいらっしゃるのかなと思います。ただ過去を振り返っても、不漁で下火になる時期もあれば急に盛り返して大量にとれるときもあります。今年でいうとタコが異常といえるほど揚がっていましてとれていますし。そうやってまた水産の街大船渡として活気が溢れる事を期待しながら今後も私達は水産業の下支えとして頑張っていければと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA